~オンラインセミナー以上の双方向性を実現。対面以上の満足度を提供~
人材確保にメタバースは有効か?メタバースで解決できる採用課題とは!?

新型コロナウイルスの感染拡大以降、企業の採用活動はオンライン化が加速。説明会や面接はもちろん、インターンシップまでも、今や多くの企業はオンラインで採用活動を実施しております。

その一方、リアルからオンラインへと採用活動の主軸が変化していくことで、「双方向性が欠け、一方的になった」「偶発的な出会いや情報収集が減った」「熱が伝わりにくい」といった課題も出て来ています。その採用課題の解決の糸口がなるのではないかと、注目をされているのが「メタバース(仮想空間)」です。

今回は、「メタバースサービス(VR Meet)」を自社で開発している株式会社クロスリアリティの協力のもと、 新卒採用現場において実際に利用している事例を交えながら、メタバースで実現できる採用活動とその課題について、お話しさせていただきます。

メタバース空間(VR Meet)の特徴

・3次元のバーチャル空間を、アバターとして自由に動き回ることが可能。
・アバターの近くにいる他の参加者と音声会話も可能。
・Webブラウザにて動作するため、学生も企業も手軽に利用でき、また、専用アプリのインストールやアカウント登録といった事前準備も不要

メタバースセミナーを利用した学生・企業のそれぞれ声

<メタバースセミナーに参加した学生の声>
 ・他社にはない取り組みで、面白みと新鮮さがあって良かった。
 ・オンラインセミナーは一方的な感覚を持つが、メタバースでは双方向にコミュニケーションが取れた。
 ・メタバース空間を自由に動くことで、興味ある情報を得て回るので、対面と同じ感覚を持てた。
 ・対面やオンラインのセミナー以上の満足度があった。

<メタバースセミナーを活用した企業の声>
 ・興味喚起、参加への動機付け、他社との差別化に大きな効果を発揮した。
 ・従来のオンラインセミナーより、満足度の高いセミナーの開催ができた。
 ・参加学生の70%以上の学生がオンラインよりメタバースを支持してくれた。
 ・一度、空間を制作すると、会場費、移動費のコストカット、準備の時間削減が図れた。

メタバースセミナーのイメージ

オンラインセミナー内容

①【講演】
  コロナ禍による、オンライン就活への変遷。
  採用におけるメタバースの可能性
②【講演】
  メタバース空間でできる採用活動 ~実例をご紹介~
③【体験】
  メタバース空間の疑似体験
  (※アバター参加、パソコン・スマホからの参加を予定)

※セミナー内容は変更する可能性がございます。

日時

2022年8月5日(金)
①10:00~11:30(定員:45名)
②13:00~14:30(定員:45名)
※多数の申し込みが予想されますので、抽選とさせていただきます。
※抽選締切日:7/25(月)中
※開催の1週間前頃には当選状況をお知らせいたします。

講師

株式会社クロスリアリティ
篠田洋平
ファーストリテイリングでの店舗経営を経て、エスユーエスへ入社。10年以上に渡り新卒採用の戦略・戦術立案から採用面接まで担い、年間で理工系200名以上の採用を実現。現在は連結子会社のクロスリアリティにて営業部門の責任者を務める傍ら、VRコンテンツ制作のプロデューサーも兼任。

株式会社クロスリアリティ
野上正義
アパレルや飲料メーカーにてITシステム、WEBマーケティング分野に従事。クロスリアリティに入社後、元エンジニアの経験を活かし、クライアントの課題解決に最適なXR技術のプランニング・サポートを行うプランナーを担当。

株式会社学情 執行役員
営業戦略室/セールスマーケティング本部担当
中村秀和
25年間で、東京・大阪・名古屋・京都で、1,000社を超える企業の採用コンサルティングを実践。採用活動におけるKPIから、課題を抽出し、成果のでる戦略・戦術立案を武器に、数多くの採用の建て直しを成功させる。その傍ら、学情のマーケティング・インサイドセールス・カスタマーサクセスの3部門の責任者を務め、学情のDX化を率先。

採用の課題はぜひ学情まで
ご相談ください。

電話でのお問い合わせ