• お問い合わせ

「あさがくナビ2018」 登録会員対象
就職活動開始前意識調査レポート 2017年1月版

あさがくナビ就活意識調査

調査概要

  • 調査内容:就職活動開始前意識調査
  • 調査期間:2017年1月23日~1月31日
  • 比較データ 【2017年卒(2016年1月18日~1月22日)】
  • 調査対象:あさがくナビ2018登録会員
  • 有効回答数:1300件
  • 調査方法:Web上でのアンケート

回答者属性について

文理

現住所の地域

学校区分

【就職活動の準備について】

3月より就職活動が開始となりますが、就職活動の準備は進められていますか?(単一回答)

準備をされている方への質問です。
就職活動の準備は、いつからスタートされましたか?(単一回答)

準備をされている方への質問です。
具体的にどの様な準備を進められていますか?(複数回答)

現在登録されている就職サイトの数を教えてください。(単一回答)

就職活動の準備開始時期は21.0%の学生が「12月から」と回答。
具体的な準備方法として「就職サイト等の適性テスト・適職テストを通じ自己分析」が71.6%、「インターンシップへの参加」が70.1%という結果になった。
また、就職サイトの登録数は昨年同様に「3つ以上」の学生が全体の7割と、複数の就職サイトを使い情報収集を行なっていることが伺える。

【就職を希望する企業・業種・職業】

現時点でどの様な企業を志望されていますか?(複数回答)

「休日・休暇がしっかり取れる企業」が63.7%と最も多く、昨年同様に仕事とプライベートの両方を充実させたいと考える傾向となっている。また「全国的に知名度がある大手企業」が47.9%と大手志向の学生が多く、「給与の高い企業」が4.2pt上昇の31.6%と増加している。

 

現時点での志望業界は何ですか?(複数回答)

志望業界について2017卒学生と比較し、「食品・飲料」がトップで、「銀行・証券・保険」と、「マスコミ・出版・印刷」は回答割合が低くなったものの、上位の順位については大きな変化は見られなかった。
「その他」の回答の主な業界は昨年と同じく「官公庁」「コンサルティング」「教育サービス」などであった。

現時点での志望職種は何ですか?(複数回答)

志望職種について、「営業・企画営業」が45.5%と最も回答割合が多く、次いで「商品企画・開発・設計」「総務・経理・人事・法務」と続き、順位については大きな変化は見られなかったが、上位5位までの職種で選択率が減少している。

【就職への意欲】

現在の就職への意欲に、最も近いものを選択してください。(単一回答)

就職先が決まった際、入社した企業でどの程度勤務を続けたいですか?(単一回答)

「何としても就職したい」が67.2%と昨年と同じ回答割合となり、「無理をしてまで志望企業・志望業界以外へ就職する気はない」が14.8%と昨年より1.6pt減少した。また「入社後、どの程度勤務を続けたいか」という質問に対し、「定年まで勤めたい」と考える学生が半数以下となった。

就職活動開始後、内々定を獲得する自信の程度を教えて下さい。(単一回答)

「とても自信がある・それなりに自信がある」の理由は?(単一回答)

「あまり自信がない・全く自信がない」の理由は?(単一回答)

「とても自信がある・それなりに自信がある」が22.2%、「あまり自信がない・全く自信がない」が48.7%という結果になり、昨年より「とても自信がある」が0.2pt上昇、「それなりに自信がある」が1.8pt上昇と、内々定獲得へ自信を持つ学生が増加している。

いつ頃までに内々定を得たいですか?(単一回答)

2017年卒学生と比較し、「4年生になる前まで(3月末)」が2.5pt上昇の7.2%、「前期試験が始まる前まで」が5.1pt上昇の36.4%、「夏休みが終わるまで」が6.1pt低下の25.9%となり、6月の大手選考直後までに内々定を得たいと考えていることが伺える。

【インターンシップについて】

これまでにインターンシップへ参加しましたか?(単一回答)

インターンシップ先を選んだ基準は何ですか?(複数回答)

インターンシップに参加されなかった理由はなんですか?(複数回答)

インターンシップ先を選んだ基準として最も多かったのは「志望業界のインターンシップ先であること」の64.2%と昨年とほぼ同じ回答割合になった。例年同様、志望業界を深く知るために参加している学生が多いと思われる。インターンシップに参加しなかった理由として「スケジュールが合わなかった」が昨年とほぼ同じ57.4%、「インターンシップの選考に落ちた」が7.0pt減少の18.8%、「インターンシップの内容に魅力を感じなかった」が4.1pt減少の18.2%という結果になった。

インターンシップに参加された方への質問
インターンシップを探し始めた時期はいつですか?(単一回答)

インターンシップに参加された方への質問
インターンシップ参加した時期はいつですか?(複数回答)

インターンシップの参加期間はどの程度でしたか?(複数回答)

参加したインターンシップの種類は何ですか?(複数回答)

昨年同様、インターンシップを探し始めた時期は、インターンシップサイトオープンの6月が30.8%と最も多かった。参加時期は長期休暇がある8月(44.3%)、12月(33.7%)、1月(38.4%)と回答した学生が多く、夏期・冬期のインターンシップが定着していることが伺える。参加期間は「1日」が74.1%と最も多く、「3日以上~1週間未満」が30.5%でそれに次ぐ。学生が参加したインターンシップの種類として最も多かったものが、「見学・体験型」(61.9%)であり、3.7pt昨年より上昇している。

【あさがくナビの利用状況について】

 

主にどの端末からご利用されていますか?(単一回答)

就職サイトのメールマガジン等はどのアドレスからご覧になられていますか? (単一回答)

 

会員の約8割がスマートフォンからあさがくナビを利用しており、また就職サイトのメールマガジン等の閲覧でも半数以上がスマートフォンを利用しているという結果となる。就職情報の収集・閲覧はスマートフォンが主となっていることが伺える。

レポートダウンロード