新卒採用

二人三脚での採用活動により、
自社の採用ニーズに合った母集団形成・採用を実現。

トヨタモビリティパーツ株式会社
業   種:自動車関連部品・用品の卸売業
規   模:1,000人~
自社の採用課題にしっかりと寄り添ったサポートに期待し、学情のサービスを利用。二人三脚での採用活動により、自社の採用ニーズに合った母集団形成・採用を実現。
伊藤 芹香 様
大阪支社 人事総務部 人事課 人事G

課題・ニーズ

当社の採用ニーズに
合った母集団形成、
その実現のための
課題に寄り添った支援。

活用したサービス

就職博
JobTube

効果

当社に寄り添った
採用活動支援の実施、
当社が求める人物像の
応募者増。

当初抱えていた課題・ニーズについて

当社はトヨタグループということもあり、会社自体の知名度は低くてもある程度の母集団は確保できていたのですが、どちらかというと安定志向の学生が多く、当社が求めているベンチャーマインドを持った学生が少ないという課題が以前からありました。改善に向けて、様々な取り組みを進めていく上で、当社と共に二人三脚で歩んでくれて、採用課題の解決に一緒になって取り組んでくれるような採用パートナー企業があれば、と考えていた時に、学情の営業担当と出会うことができ、同社の企業理念である「共歓共苦」の姿勢を体現してくれそうな姿勢に可能性と期待感を感じて、新たな採用パートナー企業としてお願いすることにいたしました。

課題の解決に向けて、学情に期待したこと①

ベンチャーマインドを持った学生の応募増
学情の企画で最初に利用したのが「就職博」です。それまでは小規模イベントや学内合説しか参加したことがなく、不慣れだった私たちに対して、運営スタッフの方が丁寧に指導してくださり、例えば学生との接し方を実際にやって見せてくださる等、当社に寄り添ったサポート体制がこれまでとはやはり違うなと実感いたしました。また会場のスタッフが積極的に当社ブースへ学生をスカウトしてくれますので、最初は当社のことを知らなかった学生からも「説明を聞いて興味を持ちました」と言ってもらうことができ、多くの学生をその後の選考・入社につなげることができています。就職博に来場している学生はいろいろな企業を積極的に見てみようという意欲的な方が多く、当初の課題であったベンチャーマインドを持った学生の応募増に関しても成果を出すことができています。

課題の解決に向けて、
学情に期待したこと②

コロナ禍の中、視聴学生の共感を得られる動画の制作
コロナ禍で学生との接点をなかなか持ちにくくなっている中で、職場体感型動画「JobTube」の提案をお聞きした際、直感的に「これだ!」と思いました。ネーミングも良く、第三者が会社に突撃してレポートする、というスタイルは視聴学生の共感を得られるだろうし、型にはまったものではない、楽しい動画が作れるのではと考え、制作を依頼しました。学生からは「仕事内容や会社の雰囲気がよくわかってよかった」という声を多く聞くことができ、当社への理解度・志望度の向上に大いに貢献してくれたと感じています。
学情とは21卒採用からのお付き合いになりますが、当社が求める人物像の応募者増という目標に対して、少なくとも2段階は近づくことができたという印象を持っています。もちろん、今よりもさらに段階を上げていきたいですし、課題がなくなることはないと思うのですが、学情の営業担当と一緒に取り組めば、何かしらの解決策が見えるのではないか、そしてそこに向けて一緒に歩んでいただけるだろうという期待感・安心感が常にあります。

学情のサービス・営業担当に対する評価について

私は1年半前に人事に異動になったのですが、当初はわからないことだらけで、学情の営業担当には本当にお世話になりました。いまでも何かあれば電話でご質問をさせていただくことが多く、電話番号はもうすっかり暗記しています(笑)。最初に仕事をお願いする際に、私の上司が「ちゃんと当社に寄り添って仕事をしてくれること」を条件として伝えたそうですが、いまも変わりなく二人三脚で当社の採用活動成功に向けて支えてくれていますので、今後もその姿勢でどうぞよろしくお願い申し上げます。
私自身、就職活動時は当社のことは全く知らなくて、調べてみたらいい会社だなと思って入社しました。知名度が低くても学情のサービスを使い、営業担当のサポートがあれば自社が望む学生の採用成功をきっと実現できると思いますので、ぜひ一度提案を聞いてみてはいかがでしょうか。
会社名   トヨタモビリティパーツ株式会社 事業内容   自動車関連部品・用品の卸売業

所在地   大阪支社:大阪府寝屋川市仁和寺本町3-1-1

HP      http://www.toyota-osaka-parts.jp/
   
   

関連記事

採用の課題はぜひ学情まで
ご相談ください。

電話でのお問い合わせ