新卒・中途採用

あさがくナビやRe就活を使って、
採用に繋がる母集団を形成。

株式会社東郷製作所
業  種:製造業(自動車部品)
事業規模:500名~1,000名
一括エントリー機能をなくすことでより自社への志望度の高い学生との接触が可能に。中途採用でもRe就活・転職博で20代若手人材をコンスタントに採用。
岡田 芳宗 様
総務部 人事課 課長

課題・ニーズ

しっかりと
フォローしてくれる、安心できる体制

活用したサービス

あさがくナビ
就職博
業界特化型合同企業セミナー
Re就活
転職博

効果

新卒・中途共に
安定的に採用

当初抱えていた課題・ニーズについて

以前は他社のナビサイトを使っていたのですが、掲載後営業担当の方からなんのフォローもなく、少々心許なさを感じていました。また学生管理画面の操作が難しく苦労していたので、もっと簡単に使えるナビサイトがないかと検討していました。そのようなタイミングで学情に、あさがくナビで「愛知ブランド企業」特集を実施するということでお声がけいただき、一度試しにと考え利用することになりました。

課題の解決に向けて、
学情に期待したこと①

当社への志望度が高い学生が集まるあさがくナビ
それまではナビサイトは「受け皿」程度にしか考えておらず、あまり期待していなかったのですが、あさがくナビからのエントリー学生の6割以上が1次選考の予約につながったことには大変驚きました。他社サイトでは応募学生の数は集まっても、ほとんどが一括エントリーで次につながることが少なかったのですが、あさがくナビは一括エントリー機能がない分、当社のページをしっかり読み込んでくれている志望度の高い学生が数多く集まりました。また営業担当や内勤サポート担当の方からも逐一ご連絡をいただき、掲載前のみならず、掲載後の原稿修正やスカウトメールへのアドバイスなどをいただいていますので、あさがくナビの原稿にもかなり力を入れることができたので、そういった効果を出せている要因ではないかと思います。さらにこれまで苦労していた学生管理画面についても、あさがくナビの「GJマネージャ」はかなり操作性に優れており、選考管理がスムーズに行えるようになりました。

課題の解決に向けて、
学情に期待したこと②

出展企業数と来場学生数のバランスがちょうどいい合同企業セミナー
「就職博」や「カーテクノロジーフォーラム」といった合同企業セミナーにも毎年出展させていただいておりますが、出展企業数と来場学生数のバランスがちょうどよく、毎回多くの学生と面談させていただき、そこで出会った学生が内定に繋がっています。当社はエントリーいただいた学生1人ひとりを大切にしていて、エントリーいただいた方には漏れなく個人面接のご案内をするようにしているのですが、そういった手厚いフォローができるのも、学情のサポートのおかげです。

課題の解決に向けて、学情に期待したこと③

エントリー学生の全員が20代のRe就活
2年ほど前に急遽中途採用をすることになり、Re就活・転職博を利用させていただき、地元・地方の国公立大学の工学を専攻した学生に絞ってスカウトし、最終的に8名の方に入社いただきました。当社は即戦力よりは、技術・技能を若者に伝えて伝承していきたいと考えており、エントリー者が全員20代のRe就活は本当にありがたい存在です。

学情のサービス・営業担当に対する評価について

学情の営業担当はサイトに掲載して終わり、ではなく、採用活動の最後まで伴走してくれるので、本当に心強く感じています。来年以降もこれまで同様、弊社ではコンスタントに10~15名程度の採用を続けていきますので、引き続き「あさがくナビ」や「Re就活」を使って、採用に繋がる濃い母集団を形成していきたいと考えています。
会社名   株式会社東郷製作所 事業内容   製造業(自動車部品)
所在地   愛知県愛知郡東郷町大字春木字蛭池1番地 HP        https://www.togoh.co.jp/
   
   

関連記事

未体験の20代若手人材の採用を全面的に支援。

2021年04月27日

マルサンアイ株式会社様の学情サービスの活用事例をご紹介します。これまで実施してこなかった20代若手人材の中途採用のため「Re就活」と「転職博」を利用。業務効率の向上も果たしつつ、5名の採用を可能に。

費用対効果の改善を図りつつ、前年以上の採用を実現。

2021年04月22日

ドリームスデザイン株式会社様の学情サービスの活用事例をご紹介します。母集団の質・量の向上を目指して「あさがくナビ」「就職博」に参加。費用対効果の改善を図りつつ、前年以上の採用を実現。

これまでとは比べ物にならない数の理系学生と面談。

2021年04月29日

神戸電鉄株式会社様の学情サービスの活用事例をご紹介します。苦戦していた理系学生との面談増を「インターンシップ博」で実現。タイミング・状況に応じた企画提案に今後も期待しています。

採用の課題はぜひ学情まで ご相談ください。

電話でのお問い合わせ