• お問い合わせ

Re就活登録会員対象
「就職・転職活動に関するアンケート」調査レポート 2015年6月版

第二新卒・20代対象 就職・転職活動に関するアンケートレポート

調査概要

  • 調査内容:就職・転職活動に関するアンケート
  • 調査期間:2015年6月1日~6月16日
  • 調査対象:全国のRe就活登録会員
  • 有効回答数:400件
  • 調査方法:Web上でのアンケート

回答者属性について

性別

現住所の地域

就業経験

前回比較

就業状況_職歴あり対象

前回比較

年齢構成

就業希望時期・経験年数について

Re就活会員の7割以上が「3ヶ月以内の早期就業」を希望、6割がはじめての転職。

職歴ありの7割、職歴なしの8割が 「3ヶ月以内での早期就業」 を希望している。
また、転職希望者の就業経験年数は2年以内が約7割、3年以上が約3割となっており、6割がはじめての転職を希望。
早期就業を希望する20代の若手人材が多数Re就活を利用していることが分かる。

就業希望時期

※単一選択

職歴なし

前回比較

※左から左図の項目順

就業希望時期

※単一選択

職歴あり

前回比較

※左から左図の項目順

就業経験年数_職歴あり対象

※単一選択

前回比較

※左から左図の項目順

就業経験社数_職歴あり対象

※単一選択

前回比較

※左から左図の項目順

転職理由について

転職理由の主流は、仕事内容が合わずやりたい仕事に挑戦する 「リベンジ転職」 。

転職理由は前回より 「やりたい仕事に挑戦したい」 が3.7pt、「仕事内容が合わない」 が3.2pt増加。
仕事内容が合わず、自分の力を発揮できる仕事に挑戦するための 「リベンジ転職」 が主流に。
また、「残業が多い/休日が少ない」 も前回より5.0pt伸びており、勤務条件の改善を希望する転職者が増加している。

転職する理由_職歴あり対象

※3つまで選択

前回比較

※上から左図の項目順

就職していない理由_職歴なし対象

※3つまで選択

前回比較

※上から左図の項目順

就職・転職観について(1)

職歴ありの半数以上が、入社先で 「長く働けるか」 を重視。

職歴ありが重視するポイントは、入社先を決める際は 「長く働けるか」 が前回より6.5pt、
求人情報では 「残業の有無/休日数」 が前回より3pt増加。
とくに転職希望者の安定志向が強まっていることが伺える。

求人情報で重視するポイント

※3つまで選択

前回比較

※上から左図の項目順

入社先を決める際に重視するポイント

※3つまで選択

前回比較

※上から左図の項目順

就職・転職観について(2)

約7割が 「契約社員としての勤務も可能」 と回答。

約6割が正社員登用前提や、内容・条件がよければ「契約社員としての勤務も可能」 とし、1割近くが全く問題ないと回答。
やりたい仕事に挑戦するためには就業形態に強くこだわらないという考えが伺える。
また、職歴なしの方が 「残業」 に対する抵抗感が低く、8割以上が残業に肯定的な意見を持っている。

契約社員としての勤務をどう思うか

※単一選択

前回比較

※左から左図の項目順

残業についてどう思うか

※単一選択

前回比較

※左から左図の項目順

仕事とプライベートどちらを重視するか

※単一選択

前回比較

※左から左図の項目順

Re就活について

会員の7割以上が1週間に1回以上Re就活にアクセスし、求人情報を閲覧。

職歴ありの7割、職歴なしの8割以上が1週間に1回以上Re就活を活用するアクティブユーザー。
Re就活にアクセスする理由は約6割が 「自分に合った企業を探したい時」で、
半数近くが 「メールを見て興味をもった時」 と回答。

Re就活の閲覧頻度

※単一選択

前回比較

※上から左図の項目順

Re就活にアクセスしようと思う時

※3つまで選択

前回比較

※上から左図の項目順

求人サイトについて

若手求職者の半数以上が 「Re就活」 をメインで利用。20代から圧倒的な支持を受ける。

利用している求人サイト

※複数選択

メインで利用している求人サイト

※単一選択

資料ダウンロードはこちら