新卒採用

これまでとは比べ物にならない数の理系学生と面談。

神戸電鉄株式会社
業  種:陸運業
事業規模:500名~1,000名
苦戦していた理系学生との面談増を「インターンシップ博」で実現。タイミング・状況に応じた企画提案に今後も期待しています。
田近 彩 様(写真右)
人事総務部 係長(人事担当)
柴田 崇輝 様(写真左)
人事総務部(人事担当)

課題・ニーズ

理系学生の募集に苦戦

活用したサービス

あさがくナビ
インターンシップ博
就活サポートmeeting

効果

数多くの理系学生と面談

当初抱えていた課題・ニーズについて

当社の大卒採用は事務系総合職と技術系総合職に分かれており、特に技術系総合職における電気・情報系学部生の採用に苦戦していました。3/1の採用広報解禁から合同企業セミナーなどに参加していましたがなかなか応募者が増えず、5年ほど前から理系学生向けのインターンシップを実施(昨年は新型コロナウイルスの影響で実施せず)していましたが、学生に来ていただくことができずに苦戦していました。当社は例年5名前後の採用を行っているなかで、特に技術系総合職の採用について何らかの方策を講じる必要があると考えていました。

課題の解決に向けて、
学情に期待したこと①

理系人材と数多く出会える合同企業セミナー
これまでも合同企業セミナーに出展したことはあるのですが、多くの学生と面談できたとしても9割以上が文系の方で、当社が求める理系学生は少数というケースばかりでした。しかし学情の合同企業セミナー「インターンシップ博」の開催実績で理系学生の来場数や学部別の比率を見たところ、当社が求めている層の学生が多かったため、これなら費用対効果が高いのでは、と考え、参加を決めました。当日は理系コーナーにブースを構えたこともあり、また営業担当を始め多くのスタッフの方が理系学生をスカウトし、ブースまでお連れいただけましたので、従来参加していた合同企業セミナーとは比べ物にならないくらい数多くの理系学生と面談することができ、当社のことを知ってもらうための機会を得ることができました。ここでの出会いがきっかけでインターンシップに参加してくれた学生も多くいましたので、参加してよかったと感じています。

課題の解決に向けて、
学情に期待したこと②

タイミング・状況に応じた企画提案
インターンシップ博に参加する際に、あさがくナビの当社ページに「気になる」ボタンを登録してくださった学生に告知ができたのも大きかったと感じています。当社に興味を持っていただき、すでにページで企業研究をしてくださっている方とはより中身の濃い面談ができますので、Webとリアルをうまく融合させていくことが重要だと気付くことができました。また神戸で開催された「就活サポートmeeting」では、少人数ではありますが濃密なコミュニケーションを来場学生と図ることができ、非常にいいPRができたと感じています。当社にとって何がいま必要なのかを的確に判断し、ご提案をいただけていますので、今後も様々な機会を通じて学生と接点を持ちたいと考えています。

学情のサービス・営業担当に対する評価について

当社のように特定の学部・学科の学生を対象とした職種の採用をしている企業にとっては、スカウトサービスなどによってピンポイントで対象学生に会える、インターンシップ博をはじめとした学情の合同企業セミナーは合っていると思います。また営業担当者は企画の利用時だけでなく採用業務全般についてもご相談に乗っていただき、的確にアドバイスをくださるので、非常に頼りにしています。コロナ禍の現在、そしてアフターコロナの時代の中で、多くの企業で採用活動の在り方が変わってきているのではないでしょうか。当社でも今後どういう進め方が自社に合っているのか、模索していく必要があると感じていますので、引き続き綿密な情報提供をお願いするとともに、ぜひ様々な面でのご支援を期待しています。
会社名   神戸電鉄株式会社    事業内容   運輸業
所在地   神戸市兵庫区新開地1-3-24 HP        https://www.shintetsu.co.jp/
   
   

関連記事

機電系学生を含め、例年の2倍近くのエントリーを獲得。

2021年04月29日

小田急電鉄株式会社様の学情サービスの活用事例をご紹介します。注力人材である機電系学生をはじめ、早期から多くの学生に対して理解度・志望度の醸成に努め、本選考へのエントリー数が2倍近くまで増加。

あさがくナビやRe就活を使って、採用に繋がる母集団を形成。

2021年04月29日

株式会社東郷製作所様の学情サービスの活用事例をご紹介します。一括エントリー機能をなくすことでより自社への志望度の高い学生との接触が可能に。中途採用でもRe就活・転職博で20代若手人材をコンスタントに採用。

費用対効果の改善を図りつつ、前年以上の採用を実現。

2021年04月22日

ドリームスデザイン株式会社様の学情サービスの活用事例をご紹介します。母集団の質・量の向上を目指して「あさがくナビ」「就職博」に参加。費用対効果の改善を図りつつ、前年以上の採用を実現。

採用の課題はぜひ学情まで ご相談ください。

電話でのお問い合わせ