『2024年卒 内々定率調査 2022年12月度』

2024年卒採用活動の状況

この度、株式会社学情では、2024年卒業・修了予定者対象に内々定率調査(2022年12月度)を実施いたしましたので、調査結果を発表いたします。

TOPICS

(1) 11月末時点の内々定率は8.7%。前年同月比2.5ポイント増
(2) 88.9%の学生がすでに「就職活動を実施」と回答。インターンシップ参加社数は“10社以上”がトップ
(3) 内々定企業の従業員規模は、“5,000人以上”が40.0%で最多回答


(1)11月末時点の内々定率は8.7%。前年同月比2.5ポイント増

2024年卒学生の12月度の内々定率(11月末段階)は「8.7%」という結果に。前年同時期の「6.2%」を2.5ポイント上回りました。文理別では、文系「7.6%」、理系「10.9%」と理系が文系を上回っています。

(2)88.9%の学生がすでに「就職活動を実施」と回答。インターンシップ参加社数は“10社以上”がトップ

就職活動(就活を目的としたインターンシップ参加を含む)をしている学生は、「88.9%」と約9割にのぼりました。前年同時期を2.5ポイント上回っており、景気の回復や新型コロナウイルスによる行動制限緩和の影響などで、就職活動の進捗率はやや早めに推移していると考えられます。なお、インターンシップへの平均参加社数は「5.97社」。“10社以上”と回答した学生が最も多く、33.8%を占める結果となりました。

(3)内々定企業の従業員規模は、“5,000人以上”が「40.0%」で最多

内々定を得た企業の従業員規模は、“5,000人以上”と回答した人が「40.0%」で最多に。次いで「15.9%」が“3,000~4,999人”と回答しており、規模の大きい企業ほど早期内々定出しを進行しているとうかがえます。
■調査概要
・調査期間:2022年11月25日~2022年11月30日
・調査機関:株式会社学情
・調査対象:2024年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生
・有効回答数:399件
・調査方法:インターネットでのアンケート調査
※各項目の数値は小数点第二位を四捨五入し小数点第一位までを表記しているため、択一式回答の合計が100.0%にならない場合あります。

※データに一部誤りがあり、2022年12月21日18時に更新版を掲載しております。